体力が無いなりに文化的生活を送りたい。

「普通の体力」が無い人間だけど文化的探究心は奪われないように日々アンテナを張って過ごしています。

210411 

 DMMブックス70%セールで購入する本を選定中。とても楽しい。電子書籍kindleとhontoしか使ってないけどこれを機にDMMも導入するかも。

 今のところ10冊程度。イラスト・美術資料系が半分、文学鑑賞事典系が半分。約30000円が9500円に。これがなかったら絶対買わなかったような本もある。

 今回買う予定の中には無いけど、本のサイズが一般的ではないもの(正方形だったり、横に長かったり)は電子書籍で買うのが良さそう。収納に困らない。パソコンで見れば綺麗に見られる。イラスト資料系の本も、紙の本だと広げながら見ないといけなくて不便だったので、電子のほうが使いやすい。

 

 アマゾンから新刊案内。『映画大好きポンポさん』第3巻が発売されるとのこと。嬉しい。今年はアニメ映画が公開される。上映時間は90分であってほしいけど、原作1巻分だとそんなに尺が持たないので、オリジナルシーンが追加されるのかな?ぜひ劇場で見てみたいです。

 

 アニメ『キングダム』第3シリーズが放送再開されるので、アマプラで去年放送された分を再鑑賞。改めて思ったのが、声優さんの仕事の凄さ。キャラというキャラが、思い描いていた通りの声色で喋っている。呉鳳明の凛凛として抜けるような美声、オルドの歯に衣着せぬ口調、そして中華の大地を震わせる汗明の大呼……すべてが再現されていて原作ファンとして嬉しい限り。武将の価値の一つに「声」がある……っていう設定が原作にあったけど、まさにその「声」のプロフェッショナルが感じられる。

 

 ネットで話題の『作りたい女と食べたい女』も最新話を楽しみにしている。春日さんのほうが年下であるという設定が個人的萌えポイント。本邦のメディア作品で、レズビアンを地に足つけて描いた作品ってどれくらいあるだろう。レズビアンがメインではないけどドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』くらいしか知らないなあ。

 

 詩を読みたい欲がむくむくと顔を出す。図書館で借りても良かったのだけれど、既に何冊か借りているのでめんどくさくなった。今日はとりあえず青空文庫で探してみる。

 

草と人

如何なれば草よ、

風吹けば一方に寄る。

人の身は然らず、

己が心の向き向きに寄る。

何か善き、何か悪しき、

知らず、唯だ人は向き向き。

 

与謝野晶子『晶子詩篇全集』より

 

草枕

若き心の一筋に

なぐさめもなくなげきわび

胸の氷のむすぼれて

とけて涙となりにけり

 

蘆葉を洗ふ白波の

流れて巖を出づるごと

思ひあまりて草枕

まくらのかずの今いくつ

 

 

都のかたをながむれば

空冬雲に覆はれて

身にふりかゝる玉霰

袖の氷と閉ぢあへり

 

みぞれまじりの風勁く

小川の水の薄氷

氷のしたに音するは

流れて海に行く水か

 

島崎藤村『藤村詩抄 島崎藤村自選』草枕」より一部抜粋

 

 

 着物着たい欲も上昇中。コロナ以降、自分のファッションテーマが「世間体を気にしない、真に自分のためのファッション」にシフトしつつある。派手スマホカバー、派手マスク、派手下着と来て次は派手着物に挑戦します。

 と言っても、手元に和装に要るものが全くない。かといって外出もしたくない。晴れ着ではなく普段着としての着物を求めているので、なるべく安く済ませたい。ということで、フリマ系アプリをちまちまチェックしてます。メルカリ、ヤフオク、paypayフリマなど。もろもろ一気に揃えるのは金銭的に厳しいので、6月あたりに単衣で着物デビューするのを当面の目標として集めてる。

 蝶々柄の可愛いレトロ浴衣はすでにゲットしました。画面で見て一目惚れ。元の持ち主さんがご家族から譲り受けたものらしいので、大切に使っていきたい。あとは大正ロマン系のアンティーク着物が欲しい。帯留めなんかで色々遊びたい。

 あと和装に挑戦する理由はもう一つあって。それは「アパレル業界と趣味が合わないな~~~」と思っていたということ。なんか最近、お店を何周しても「これだ!」という洋装に出会えなくて。ワクワク感が不足している。デザインが良くてもサイズが合わなかったり。この問題の解決策として、「洋裁を習って自作する」もあったんですが、さすがに手間がかかりすぎる。現代ファッション業界へのアンチテーゼとしての和装。普段着としての和装、流行れ~~!!

 着物の勉強として読んでる本。

大久保信子監修『伝統を知り、今様に着る:着物の事典』池田書店、2014年。

全日本きもの振興会『ひと目でわかる!保存版:帯の基礎知識』世界文化社、2010年。

長崎巌監修、弓岡勝美編『明治・大正・昭和に見るきもの文様図鑑』平凡社、2005年。

永田欄子『明治大正昭和に咲いた:着物花柄図鑑』誠文堂、2016年。

山口さくら、善養寺ススム『和洋ミックスコーデで楽しもう!カジュアル着物ブック』廣済堂出版、2013年。

弓岡勝美監修『着物と日本の色:着物で綴る日本伝統色〔第2版〕』PIE BOOKS、2008年。