体力が無いなりに文化的生活を送りたい。

「普通の体力」が無い人間だけど文化的探究心は奪われないように日々アンテナを張って過ごしています。

210413

 久しぶりに大きめの書店に行ってきた。冷やかし目的が半分、dmmセールで買う候補の本立ち読み目的が半分。

 

 立ち読みして面白そうだった本。

松永美吉『民俗地名語彙事典』筑摩書房

 地名に使われる語彙の説明が載っている。地元も載ってた。創作地名などに使えそう。

武田百合子犬が星見た中央公論新社

 タイトル気になる

エラリイ・クイーン『十日間の不思議』早川書房

 タイトル気になる

三島由紀夫『文化防衛論』筑摩書房

バーバラ・ボーランド『わたしは贋作』早川書房

 新人画家が個展を目前に出展予定の連作が焼失してしまい、絵を描き直すことに……という筋立てが面白そう。

ミン・ジン・リー『パチンコ上・下』文藝春秋

 韓国文学棚にあった本で、装丁の刺繍の絵?がレトロチックでおしゃれ。在日韓国人の人生を描いた小説らしい。

金智英『隣の国のことばですもの』筑摩書房

 詩を分析・解説した論文が多数引用されている。現代詩鑑賞に関する学術的な方法論が知りたかったので、今後チェックしたい。

野崎泉『東郷青児 増補新装版』河出書房新社

 前に百貨店で見かけて以来東郷青児の作品が好きで、作品集欲しいな~と思っている。東郷のアートワークを解説とともに紹介していく形式。個人的には作品の写真をバーンと出しているものが欲しいのと、予算の関係で今回は買わず。

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』小学館

 回顧展の作品集。舞台衣装のデザインなどの写真がバーンと載っていてよい。

『和の背景カタログ 和室・日本家屋』マール社

『和の背景カタログ2 明治・大正・昭和—洋館・和洋折衷の家』

佐藤夕子『形で捉えて簡単に描ける!背景パーツの描き方』グラフィック社

ジグムント・バウマン『近代とホロコースト筑摩書房

大岡信谷川俊太郎『声でたのしむ美しい日本の詩』岩波書店

 

 ヤフオクで気になってる着物に入札した。おしゃれでとても可愛いので手に入れられると良いな。

 

 

青空文庫HP「そらもよう」の記事タイトルが良かった。

「本棚をいっぱいにすれば、嵐にも立ち向かえる」

 

今日読んだのは、巖谷小波「三角と四角」。児童文学作品。

角の数が自慢だった三角定規が、自分より角の多い画板を妬んで嫌がらせをするが、相手を利する結果に終わるという話。

大いに面目を失いましたが、しかし心のうちでわ、まだ負惜しみという奴があって、おのれ生意気な画板め、余計な角をもって来やがって、よくも乃公おれに赤恥をかかせやがったな。どうするか覚えていろと、はてくやしまぎれに良くない了簡りょうけんを起しました。

人間の心情を捉えた文章が印象に残った。